フェロモン|フェロモン香水のフェロチカ

フェロモンを科学する|フェロモンとは、催淫香水

フェロモンを科学する|フェロモンとは フェロモンとは(Pheromone)
フェロモンとは、動物が自ら体外に放出して、他の個体の行動に影響をあたえる揮発性物質(これをフェロモンという)を指します。
フェロモンの働き方は、体内のホルモンが特定の化学的信号をある細胞群から他の細胞群へ送って 特定の行動をおこさせる様子に非常に似たところもあります。

フェロモンを科学する|フェロモンの役割

フェロモンを科学する|フェロモンとは フェロモンは、生物界全体にみられるもので、動物個体間の情報伝達法としておそらくもっとも古いもののひとつです。 たとえば単細胞生物のアメーバの中には、フェロモンをつかって同類をひきよせ、生殖をおこなうものがいます。
昆虫も同様の目的にフェロモンを使っています。マイマイガやマメコガネのメスは、それぞれ種特有の性フェロモンを発してオスをひきつけ、 オスがたまたま風上にむかって飛んでいるときに、特有の匂い出会うのです。

つまりフェロモンは、異性を惹き付ける物質である!と言えるのでしょうね。

フェロモンを科学する|フェロモンの実用化

フェロモンを科学する|フェロモンとは 現在、このフェロモンは、多くの害虫の駆除に、合成フェロモンを仕掛けたワナが使われています。
ほかに、害虫にあらされた区域に天敵の性フェロモンを散布し、同類のメスをもとめるオスをまどわすことも行われています。

フェロモンを科学する|フェロモンとは フェロモンは、蛾の雌が雄を誘引する様がファーブルの『昆虫記』にも記されており、その存在は当時から推測されていました。 当初、フェロモンは同種の動物間で情報伝達される外分泌物は「エクトホルモン」と名づけられており、 1959年にカールソンとブテナントによって、ギリシャ語の「pherein(運ぶ)」と「hormao(刺激する)」 を合わせた「pheromone(刺激を運ぶもの)」としてフェロモンが作り出され、それが定着したものである。

フェロモンを科学する|フェロモンの秘密

フェロモンを科学する|フェロモンとは フェロモンは、極めて低濃度でその効果を果たすものが多い。それはホルモンなどと共通の性質です。 その意味で、いわゆる臭いによる情報伝達とはまた異なったものであるといえるでしょう♪

つまりフェロモンは、普通のいい匂いの香水、、、ではなく、動物の本能をくすぐる効果がある!といえます。

フェロチカ★お得セットシリーズ★男性用

フェロチカ★お得セットシリーズ★女性用